【変幻餌罪】18歳の女の子のブーツで踏み潰された焼き芋を食べたい。

 

【変幻餌罪】18歳の女の子のブーツで踏み潰された焼き芋を食べたい。脚フェチ画像

 

マゾな奴隷の食事は餌と呼ばれ一般人が食べるものとはクオリティが格段に落ちる代物である。
具体的には普通の人ならばゴミでしかないものがm男の主食になるのである。
季節や冬で焼き芋が美味しいシーズンである。
今回は18歳の女の子がm男の餌を作って食べさせてくれる。
10代の女子が男のために手料理(足料理)?を振舞ってくれるなんで幸せなリア充そのものである。
男よ嬉しいだろう、餌を与えてくれる飼い主様がいることが。
舞台はプールバーと今どき何処に行けばあるのか良く分からない場所である。

 

【変幻餌罪】18歳の女の子のブーツで踏み潰された焼き芋を食べたい。18歳女子のフードクラッシュ動画

 

ちなみにプールバーとは水泳するプールがあるのではなく、ビリヤードが出来るバーという意味である。
私の知り合いや勤め先のビルの大家が経営していた気がするが何方も閉店してしまった。
そんなことはどうでも良い。
プールバーにやってきた18歳の女の子とキモイ親父。
キモイ親父は上半身裸で女の子はミニスカート姿でキチンと服を着こんでブーツを履いている。
彼女は男の上に立ち尽くす。
何かをするわけでもなく、ブーツのピンヒールを男の鳩尾に突き刺すように立っている。
時折つま先を上げてピンヒールだけで男を踏みつける少女。

 

【変幻餌罪】18歳の女の子のブーツで踏み潰された焼き芋を食べたい。脚フェチ画像

 

彼女の表情はアンニュイで男は目をつぶり、ブーツの靴底の感触と18歳少女の体重を堪能している。
お腹を踏むのに飽きた少女は男の体の上を歩き顔面を靴底で踏み転がして頭を足蹴する。
黒ブーツの下に男の顔がありたらこ唇が妙に印象的である。
男の社会的地位が良く分かるシーンでもある。
男が18歳の少女に触れることができるのは硬くて冷たい靴底だけなのだ。
散々踏みつけた後はキモ親父に食べさせる餌を作り始める。
石焼き芋の屋台かスーパーで売られている焼き芋が彼に与えられる餌。
m男の餌に皿は要らない、誰が歩いたのか分からない不潔な床に焼き芋を落とす女の子。

 

【変幻餌罪】18歳の女の子のブーツで踏み潰された焼き芋を食べたい。18歳女子のフードクラッシュ動画

 

おもむろにブーツで焼き芋を踏み転がす少女。
そのままグシャッと体重をかけてサツマイモをクラッシュする。
あっという間に焼き芋はペースト状になってしまう。
形状だけ見るとスイートポテトのようだ。

 

【変幻餌罪】18歳の女の子のブーツで踏み潰された焼き芋を食べたい。18歳女子のフードクラッシュ動画

 

少女は芋をブーツの底と床で原型をとどめなくなるまで踏み潰した。
靴底にはベッタリと焼き芋の残骸が付着している。
そして男の口元に靴底を押し付けて靴裏の焼き芋を舌で舐め取らせる。
18歳少女の靴底と床の汚れがミックスしたご馳走を食べた男が羨ましいな。

 

 

タイトル ロングブーツ舐め踏み VOL.13 18歳カワイイ女の子
配信開始日2010年04月04日
メーカー変幻餌罪

 

 

【変幻餌罪】18歳の女の子のブーツで踏み潰された焼き芋を食べたい。18歳女子のフードクラッシュ動画

 

ページの先頭へ戻る