【女相撲・全裸】白いサラシを股間に装着させs女を辱めている所が興奮する。

【女相撲・全裸】白いサラシを股間に装着させs女を辱めている所が興奮する。白いパンティ姿のトップレスでの女相撲

 

今回の女相撲は非常にエロイまわしを付けている。
いつもならば色の濃くて太い布を何重にも巻き付けているが、今作品では白いサラシを腰に巻き付けている。
お尻も股間も完全に隠すことが出来ずに、女性の股間にモザイクを入れざるを得ないほどにアソコやアナルが見えてしまっている。
取り組みをしていない段階で彼女たちのヘアが露出して、白いサラシなので透けて見えてしまっている。
腰回りもすっきりとして、パンティを付けた状態での下着相撲のようである。
全体的に彼女たちの股間やヒップを隠す部分が少ないので、取り組みをしてしまうと今にも外れてしまいそうだ。
完全にお尻の割れ目に食い込んだサラシが男を興奮させてくれる。
相撲というよりもレズプレイを強要されたカップルにも見えない事は無い。
女相撲の作品をいくつか見て、感じた事がある。
最初の頃は強い女性がさらなる高みを目指して、女相撲を積極的にかつ本気で取り組んでいる様子が非常にエロくて興奮するのだと思っていた。
最近では逆に女性の意に沿わない恥ずかしい恰好をさせて、相撲を取らせることで強い女性に屈辱的な行動を強要して、辱めている様子を楽しむ作品なのではないかと思うようになった。
彼女たちが本気で相撲をとればとるほどに、女のプライドや尊厳を踏みにじっている加虐心を増幅させている。
そんな風に見えてしまう。
最近では女性の社会進出が著しくなり、相対的に女性のパワーに圧倒される男が激増している。
それが悪い事ではない、かつては抑圧され続けた女性が自分を殺すことなく、社会で活躍できることは男女平等の観点からも大変に素晴らしい事だと思う。
かつての恩師もジェンダーフリー活動で有名な人物で彼女が語っていたのも抑圧さるすのだ。
具体的には職場でも学校でもプライベートでも気の弱い男性は、強くなった女性に振り舞わされてしまい、強いストレスを抱えるようになってしまったのかも知れない。
そして彼女たちに圧迫された男はどこかに持って行き場所の無いストレスのはけ口を探し求める事になる。

 

 

 

タイトル GIRLS FIGHT 54 ド迫力四つ相撲
メーカー CLUB-Q
公開日 2014年9月19日
品番/内容 GF-054 / 80分

 

 

【女相撲・全裸】白いサラシを股間に装着させs女を辱めている所が興奮する。白いパンティ姿のトップレスでの女相撲

 

【女相撲・全裸】白いサラシを股間に装着させs女を辱めている所が興奮する。白いパンティ姿のトップレスでの女相撲

 

【女相撲・全裸】白いサラシを股間に装着させs女を辱めている所が興奮する。白いパンティ姿のトップレスでの女相撲

 

【女相撲・全裸】白いサラシを股間に装着させs女を辱めている所が興奮する。白いパンティ姿のトップレスでの女相撲

 

【女相撲・全裸】白いサラシを股間に装着させs女を辱めている所が興奮する。白いパンティ姿のトップレスでの女相撲

 

【女相撲・全裸】白いサラシを股間に装着させs女を辱めている所が興奮する。白いパンティ姿のトップレスでの女相撲

 

【女相撲・全裸】白いサラシを股間に装着させs女を辱めている所が興奮する。白いパンティ姿のトップレスでの女相撲

ページの先頭へ戻る