【本気で“男”ボコします!】jkによるm男へのリンチ&根性焼き講座

【本気で“男”ボコします!】m男の根性焼きの痕はjkに付けられるjkによる根性焼き

 

CLUB-Qのjkは時として優秀な教師となる。
彼女たちが教授するのは数学や英語など大学入試で必要な科目ではない。
jkの担当教科はm男の心身を再起不能になるまで暴力と恐怖で壊すことだ。
女がするm男への乱暴は鞭などの武器を使うことはない。
素手とブーツとローファーだけがjk達に必要なアイテムなのだ。

 

【本気で“男”ボコします!】m男の根性焼きの痕はjkに付けられるjkによる根性焼き

 

今回の教材という名前のm男は痩せぎすな男。
彼はm男心身破壊講座の使い捨ての教材として生まれてきた。
四つん這いになった男の腹を勢いをつけて蹴り上げるjk。
m男に対する遠慮など必要がないと言わんばかりに本気で蹴る。
男が動かなくなるまでローファーで蹴り続けた後は平手打ちがまっている。

 

【本気で“男”ボコします!】m男の根性焼きの痕はjkに付けられるjkによる根性焼き

 

マウントポジションでjkが男の顔面を容赦なくビンタし続けるのだ。
jkにビンタは彼女たちに告白した男たちが受けるものである。
恐れ多くもjk様に恋心を抱いた彼らに待っているのはビンタの痛み。
そのあとにローファーで蹴り倒され、顔を踏み付けられる。
最後にはjkのローファーの底を告白した男に舐めさせる。
純粋な恋心は女子校生の靴で踏み躙られ汚されボロボロに。

 

【本気で“男”ボコします!】m男の根性焼きの痕はjkに付けられるjkによる根性焼き

 

そして靴底拝受の儀式を得て彼はm男へと成長する。
青春は靴底の砂ぼこりと汚れの味なのだ。
m男の青春時代はどうでもいい。
男の首をハイソックスの足で踏み付ける。
男の首を圧迫して窒息させようというのだ。
jkの足で意識を奪われる彼に幸あれ。
最後に男は裸締めを受ける。

 

【本気で“男”ボコします!】m男の根性焼きの痕はjkに付けられるjkによる根性焼き

 

そして女の子が持っているのは火が付いたタバコ。
タバコは数千度にも達すると聞く。
そんなタバコの先端をm男の肩や腕に押し付ける。
根性焼きで男の体には一生消えない火傷が刻み込まれる。
靴底拝受でjkに一生踏まれる奴隷人生の証は根性焼きで刻まれる焼き印である。
jkのm男心身破壊講座で貴重なようで掃いて捨てるほどいるマゾがまた一人業界から姿を消した。
腕や肩に一生消えない根性焼きの痕を残して。

 

【本気で“男”ボコします!】m男の根性焼きの痕はjkに付けられるjkによる根性焼き

 

タイトル 本気で“男”ボコします! 217
メーカー CLUB-Q
公開日 2018年2月16日
品番/内容 BO-217 / 93分

 

【本気で“男”ボコします!】m男の根性焼きの痕はjkに付けられるjkによる根性焼き

 

【本気で“男”ボコします!】m男の根性焼きの痕はjkに付けられるjkによる根性焼き

 

【本気で“男”ボコします!】m男の根性焼きの痕はjkに付けられるjkによる根性焼き

ページの先頭へ戻る