【本気で“男”ボコします!】s女はm男の金の奴隷ではない。

【本気で“男”ボコします!】s女はm男の金の奴隷ではない。jkに暴力を振るわれたい

 

いかなるs女でも生活があり、生活費がなければ生きていくことは不可能。
s女様の仕事場はサービスを提供する店である。
そこで彼女たちは毎日ブログを更新して、m男たちにアピールし続ける。
お店の中では「オス豚!」と言いなが背中を踏みつけて鞭でシバク。

 

【本気で“男”ボコします!】s女はm男の金の奴隷ではない。jkに暴力を振るわれたい

 

そのあとは「〇〇様、次の来店をお待ちいたしております!」と頭を下げる。
m男からクレームがあれば「申し訳ございません」と謝罪する。
こんなものは女王様ではない、サービス業に従事するサービスマンだ。
これが現実だと言われれば悲しいとしか言いようがない。
本物の女王様は媚びない、屈しない、顧みない、謝らない!ものである。
そして理不尽かつ一方的な暴力をm男にふるい続けるのだ。

 

【本気で“男”ボコします!】s女はm男の金の奴隷ではない。jkに暴力を振るわれたい

 

jkの女王様は無敵である、m男に媚びる必要がないからだ。
jkに媚びるのはいつの時代でも男たちなのだ。
最強のjkは本気で“男”ボコします!でしか見られない。
彼女は男に馬乗りになって、体重をタップリと乗せたビンタを浴びせかける。
男の顔面が豚まんのようにはれ上がっても気にはしない。
jkが気持ちよくなるまで暴力は続くのだ。

 

【本気で“男”ボコします!】s女はm男の金の奴隷ではない。jkに暴力を振るわれたい
その後ろで別のjkが電気アンマで金玉を踏みつぶしている。
ビンタと電気アンマに飽きたjkは男の体を足で踏み転がしている。
彼女たちは遠慮なしに体重を男に乗せていく。
男の肋骨が踏み砕けようとも気にしない。
m男が苦しめば苦しむほどに彼女たちに笑い声は大きくなる。
男の体には鎖が、逃げられないようにするため。

 

【本気で“男”ボコします!】s女はm男の金の奴隷ではない。jkに暴力を振るわれたい

 

または男が反撃しないようにするためである。
決して男が楽しむためではない、m男の都合などsなjkには関係ないのだ。
そして男の腹の上にニードロップを叩き込む。

 

【本気で“男”ボコします!】s女はm男の金の奴隷ではない。jkに暴力を振るわれたい

 

タイトル 本気で“男”ボコします! 216
メーカー CLUB-Q
公開日 2018年2月9日
品番/内容 BO-216 / 82分

 

【本気で“男”ボコします!】s女はm男の金の奴隷ではない。jkに暴力を振るわれたい

 

【本気で“男”ボコします!】s女はm男の金の奴隷ではない。jkに暴力を振るわれたい

 

【本気で“男”ボコします!】s女はm男の金の奴隷ではない。jkに暴力を振るわれたい

ページの先頭へ戻る