【本気で“男”ボコします!】1年で20本の肋骨を折った美女に蹴られたい。

 

【本気で“男”ボコします!】1年で20本の肋骨を折った美女に蹴られたい。美女に蹴られまくりたい

 

女性が履くブーツは一種の凶器であるとサラリーマンの男が言っていた。
どんなに弱い女性でもブーツの踵で蹴りつけられると紫色の大きな痣ができてしまうからだ。
ブーツで蹴られて痣ができた男は女性が階段で滑った時にブーツが当たっただけというのだから恐ろしい話だ。
もしも強くてm男を壊すことに躊躇しないs女が本気でブーツのソールでハイキックをお見舞いされたら・・・
男は一生消えないような傷を体に刻み込むことになるだろう。
club-qの戦闘系女子はブーツの力に依存することはない。

 

【本気で“男”ボコします!】1年で20本の肋骨を折った美女に蹴られたい。美女に蹴られまくりたい

 

素手で確実にm男を仕留める彼女たちにブーツの威力は大きな意味を持たない。
とある荒事のプロが言ってた、他人に本気で暴力をふるうことができるのは人間のうち2割もいないと。
本気で“男”ボコします!に出演する強いs女は当然ながら2割に入ることは言うまでもない。
しかも彼女は1年間で20本もの肋骨をへし折った実績を持っている。
一人の人間が20本ものあばら骨を持っているわけではないから、複数人のm男が骨を折られたことになる。
しかも内臓を守る肋骨を折られると下手したら内臓に突き刺さって重篤なダメージを負わせる。

 

【本気で“男”ボコします!】1年で20本の肋骨を折った美女に蹴られたい。美女に蹴られまくりたい

 

一歩間違えれば業務上過失致死傷になりかねないことを平然とやってのける女。
すごすぎるとしか言いようがないではないか。
ラバーのような質感のボディコンに身を包んだ美女が坊主頭のm男をビンタしている。
平手打ちはあくまでも挨拶代わりである。
本当の暴力の恐怖はこれから始まるのだ。
よく見ると男はリングの柱とロープに括り付けられている。
足枷は男が逃げ出さないようにするために必要なのだ。

 

【本気で“男”ボコします!】1年で20本の肋骨を折った美女に蹴られたい。美女に蹴られまくりたい

 

本気で“男”ボコします!ではm男が死の恐怖を感じて逃げ出すのは珍しい光景ではない。
しかし脱兎のごとく逃げられてしまえば、本気で“男”ボコします!の撮影はできなくなる。
m男の心身の安全性はこの際どうでもよい、作品ができないのはファンに対して失礼な行為である。
閑話休題、先ほどにビンタされた男は次の瞬間に膝蹴りをお腹に叩き込まれる。
その威力は一撃で骨を砕くほどである。
また足枷が吹き飛ばされてしまった。
m男は消耗品であり、乱雑に扱っても誰からも文句が出ようのない代物である。
足責めで身動きが取れなくなった男のわき腹をブーツで体重をかけて踏みにじる美女。
腕ごとわき腹を踏みにじられた男はうめき声をあげる。

 

 

【本気で“男”ボコします!】1年で20本の肋骨を折った美女に蹴られたい。美女に蹴られまくりたい

 

タイトル 本気で“男”ボコします! 195
メーカー CLUB-Q
公開日 2017年10月1日
品番/内容 BO-195 / 115分

 

【本気で“男”ボコします!】1年で20本の肋骨を折った美女に蹴られたい。美女に蹴られまくりたい

 

【本気で“男”ボコします!】1年で20本の肋骨を折った美女に蹴られたい。美女に蹴られまくりたい

 

ページの先頭へ戻る