【本気で“男”ボコします! 】m男を壊すことを躊躇しないs女様のリンチ。

 

【本気で“男”ボコします! 】m男を壊すことを躊躇しないs女様のリンチ。s女に土足で踏み潰されたい。

 

職業としてのs女様はm男に奉仕する存在であるとclub-qは断言する。
なぜならば女王様のギャラはm男たちが支払うからである。
ビジネスとしてのsmクラブは顧客満足度が重要である。
smにおける顧客とはm男である。
女王様はm男が満足できるプレイを提供しないとおまんまの食い上げになる。
だから彼女たちは我慢し続けるしかないのだ。
しかしながら本気で“男”ボコします!の世界は全く違う。

 

【本気で“男”ボコします! 】m男を壊すことを躊躇しないs女様のリンチ。s女に土足で踏み潰されたい。

 

club-qに出演する女の子たちは純粋に男を拷問して壊すことにしか興味がない。
その結果として警察のお世話になろうとも前科がついてしまうリスクを恐れない。
別の言い方をすると肚を括っている女たちなのだ。
jkの制服姿の女が二人がかりで男に電気アンマを食らわせる。
ルーズソックスのザラザラな足裏が男の股間を踏み潰す。
男は睾丸を踏みつけられて喜んでいるのだろうか。
それともEDになる恐怖に駆られているのだろうか。

 

【本気で“男”ボコします! 】m男を壊すことを躊躇しないs女様のリンチ。s女に土足で踏み潰されたい。

 

お次はjkの靴下の足で顔を踏まれているm男。
リングの上を歩き回り黒ずんだ足裏で顔面を小突かれていく。
汚れた靴下のザラザラ感と足裏の柔らかさと体温の温かさが足フェチ野郎の心に火をつける。
今度は男をサンドバッグ代わりにして甚振っているjk。
ひょろっと男子が顔を歪めていたがっている。
どこで売っているのか分からないようなデニム生地のパンツをはいている男。

 

【本気で“男”ボコします! 】m男を壊すことを躊躇しないs女様のリンチ。s女に土足で踏み潰されたい。

 

ボコボコに足責めをしていただいたお礼をしなければミストレスのm男失格である。
マゾのお礼とはs女様の足をなめることである。
次のシーンでは男は踏台になっている。
jkに土足で踏みにじられる男の顔が不自然だ。
喜んでいるのか怖がっているのかよくわからない。
止めはブーツで肋骨が踏み砕かれるほど強く踏まれている。

 

【本気で“男”ボコします! 】m男を壊すことを躊躇しないs女様のリンチ。s女に土足で踏み潰されたい。

 

タイトル 本気で“男”ボコします! 193
メーカー CLUB-Q
公開日 2017年9月15日
品番/内容 BO-193 / 90分

 

【本気で“男”ボコします! 】m男を壊すことを躊躇しないs女様のリンチ。s女に土足で踏み潰されたい。

 

【本気で“男”ボコします! 】m男を壊すことを躊躇しないs女様のリンチ。s女に土足で踏み潰されたい。

 

 

【本気で“男”ボコします! 】m男を壊すことを躊躇しないs女様のリンチ。s女に土足で踏み潰されたい。

ページの先頭へ戻る