【ScissorGoddess】下着美女の股間で首を絞められ呼吸を支配されるm男

 

【ScissorGoddess】下着美女の股間で首を絞められ呼吸を支配されるm男下着姿の美女の呼吸をコントロールされたm男

 

あるソーシャルネットワーキングで彼氏の首を絞めるの愛であると書かれていた。
なるほどと思った。
先日にGoogleの検索結果に不満を持った者たちが新しい検索エンジンを立ち上げたnyafoo!というそうだ。
なんかYahoo!とよく似た名前である。
nyafoo!は権威あるサイトを上位表示させるから、きっとこのサイトは表示されないのだろうなと思った。
それはclub-qの世界最強の失神 ScissorGoddessで当てはまるのであろうか?

 

【ScissorGoddess】下着美女の股間で首を絞められ呼吸を支配されるm男下着姿の美女の呼吸をコントロールされたm男

 

私は否であると考える。
m男に与える愛など欠片も存在しない、ミジンコ以下の存在のm男に与えるは終わることなき窒息での失神と復活を延々と繰り返す地獄の螺旋階段である。
s女に呼吸も取り込む酸素の量もすべて美女の股によって管理される。
club-qという地獄の世界に叩き落されたm男たちは生存するにギリギリの空気しか与えられない。
まずは漆黒のマスクマン(笑・・・中二病チックだ。)が横たわり騎乗位で男の股の上にまたがる下着姿の女性。
これだけ見るとうれしい逆レイプみたいである。

 

【ScissorGoddess】下着美女の股間で首を絞められ呼吸を支配されるm男下着姿の美女の呼吸をコントロールされたm男

 

しかし過激さで世界中から危険図書とされた世界最強の失神 ScissorGoddess。
そんなミジンコ以下のm男にそんな楽しい桃色体験をさせるわけがない。
美女の逆レイプという快感の後に太ももの首絞め窒息地獄が待っている。
天国から無間地獄へと突き落とされる落差が男の心をズタズタに引き裂いていく。
まずは男の両耳を引っ張り顔を持ち上げる。

 

【ScissorGoddess】下着美女の股間で首を絞められ呼吸を支配されるm男下着姿の美女の呼吸をコントロールされたm男

 

耳を引っ掴まれるのは見た目は地味であるが、ものすごく痛いし耳たぶが引きちぎれそうになる。
私が小学生低学年のころに女教師に耳を引っ張られて教室の外に連れ出されたときにその痛みに泣いてしまったことがある。
泣くとイラついた表情の女教諭がビンタを食らわせる体罰を行ってきた。
当時は女性教師による体罰は普通に行われていた。
その女教師のビンタを食らってリンチマニアやm男になったという諸兄も少なくない。
話が横にずれてしまった。
今度はレースのパンツを履いた美女がm男の顔を椅子代わりに座る。
足責め虐待小説の大家であるspit-me先生の作品にも一日中人間椅子にされた男子の姿が描かれている。
シンジ少年は同級生や下級生や飛鳥という美少女な妹に顔面を椅子として使われる苛めを受け続ける。

 

【ScissorGoddess】下着美女の股間で首を絞められ呼吸を支配されるm男下着姿の美女の呼吸をコントロールされたm男
口と鼻をふさがれオナラを嗅がされ、尾てい骨で顔を痛めつけられる人間椅子地獄を毎日毎日休むことなく受け続ける。
そんなシーンを彷彿させられた顔面騎乗での窒息。
次は裸締めで首を両腕で締め上げる美女が登場する。
裸締めは唾液や胃液が腕にかかるので女性には不人気な首絞め技のように思うが意外と登場頻度が多い。
お次は正統派の男に跨って両腕に体重をかける首絞めだ。
サスペンスの殺人事件でよくあるシチュエーションである。
これでm男はサスペンスドラマの殺され役と死体役もばっちりだ。
可能性なきm男にセカンドキャリアをつけてくれる下着姿の美人に感謝するべきだ。
世界最強の失神 ScissorGoddessでm男優を廃業しても大丈夫、エキストラとして名死体役になる道ができたのだから。

 

【ScissorGoddess】下着美女の股間で首を絞められ呼吸を支配されるm男下着姿の美女の呼吸をコントロールされたm男

 

 

タイトル 世界最強の失神 ScissorGoddess62
メーカー CLUB-Q
公開日 2017年2月3日
品番/内容 DD-062 / 87分

 

【ScissorGoddess】下着美女の股間で首を絞められ呼吸を支配されるm男下着姿の美女の呼吸をコントロールされたm男

 

【ScissorGoddess】下着美女の股間で首を絞められ呼吸を支配されるm男下着姿の美女の呼吸をコントロールされたm男

 

 

【ScissorGoddess】下着美女の股間で首を絞められ呼吸を支配されるm男下着姿の美女の呼吸をコントロールされたm男

 

ページの先頭へ戻る