【本気で“男”ボコします!】長身美人がブーツで男の首を絞める。

 

【本気で“男”ボコします!】長身美人がブーツで男の首を絞める。緊縛したm男をブーツで踏みにじる。

 

【本気で“男”ボコします!】長身美人がブーツで男の首を絞める。緊縛したm男をブーツで踏みにじる。

 

男の心と体をブーツで再起不能になるくらいにボコボコに痛めつけましたが、何か問題がありますか?
club-qに所属する彼女たちは我々m男に問いかけた。
足フェチ野郎としては問題ありませんドンドンブーツで蹴ってください、頭を踏んでください、靴底を舐めさせてくださいと土下座してお答えする。
話は変わるがsmプレイはm男を満足させるためにs女が奉仕するという図式がまかり通っている。
嘆かわしい話である、いつからm男はご主人様である女性に命令する立場になったのだろう。

 

【本気で“男”ボコします!】長身美人がブーツで男の首を絞める。緊縛したm男をブーツで踏みにじる。

 

m男だけが笑っているこの世が許せないと義憤に駆られたs女がclub-qに集結する。
そして調子に乗った男をブーツで蹴り飛ばし土下座する彼の頭を踏みつけて、地面にキスを強要する。
今回のm男は二匹いる、彼らは竹ざおで互いを縛り付けられている。
両腕を磔状態にされたマゾヒストの表情は暗く、絶望しきった表情で項垂れている。
m男に笑顔は似合わない情けない泣き顔と絶望しきった表情が一番お似合いだ。
そんな男の腹部にブーツのつま先がめり込んでいく。

 

【本気で“男”ボコします!】長身美人がブーツで男の首を絞める。緊縛したm男をブーツで踏みにじる。

 

ブーツは肋骨にヒットして硬い骨にひびを入れる。
肋骨を外したキックは内臓をダイレクトに痛めつける。
膵臓や肝臓にブーツが与えたもうた痛みはマゾにとって喜びとなる。
胡坐をかいて座る男の背骨の上にブーツの底でコンコンと小突く長身美人。
男の柔肌はピンヒールで傷つけられヒール痕で真っ赤になる。
再び立たされた男に正義の膝蹴りが鳩尾にヒットする。
ブヨブヨで弛み切った男の腹が波打つ。

 

【本気で“男”ボコします!】長身美人がブーツで男の首を絞める。緊縛したm男をブーツで踏みにじる。

 

彼は今にも泣きだしそうな表情で膝蹴りを耐え続けている。
竹ざおから解放された男。
大嫌いなm男同志で繋がれていたのでほっとしていることだろう。
しかしs女たちは彼にリラックスさせるために戒めを解いたわけではない。
次なる拷問リンチを与えるために拘束を外したのだ。
ブーツ美人の太ももで首を絞められる。
男の首の両サイドに女性の太股が密着している。

 

【本気で“男”ボコします!】長身美人がブーツで男の首を絞める。緊縛したm男をブーツで踏みにじる。

 

これだけ見ると桃色体験といえるが男の顔は真っ赤に染まりもがき苦しんでいる。
男は首を絞められ酸素と血液を脳みそに流すことができない悶絶体験をしているのだ。
男は泣き叫ぼうとも喚こうとも女性は首絞めをやめることはない。
首絞めから解放されるのは、男が意識を失った時なのだ。

 

【本気で“男”ボコします!】長身美人がブーツで男の首を絞める。緊縛したm男をブーツで踏みにじる。

 

 

タイトル 本気で“男”ボコします! 132
メーカー CLUB-Q
公開日 2016年12月25日
品番/内容 BO-132 / 71分

 

【本気で“男”ボコします!】長身美人がブーツで男の首を絞める。緊縛したm男をブーツで踏みにじる。

 

【本気で“男”ボコします!】長身美人がブーツで男の首を絞める。緊縛したm男をブーツで踏みにじる。

 

ページの先頭へ戻る