【The LIVE】club-qのメイドさんは男の顔面を思い切り蹴り飛ばし踏みつける。

 

【The LIVE】club-qのメイドさんは男の顔面を蹴り飛ばし踏みつける。メイドさんの足責めリンチを受けるリア充男性

 

東京の秋葉原や大阪の日本橋の癒しを管轄するメイドさん。
キュートなメイド服で来客たる男に「お帰りなさいませ!ご主人様はーと」と声をかけてくれる。
すべてのメイドさんが男に癒しを与える存在とは限らない。
なかには男の顔面をイイ笑顔で容赦なく蹴りつけるバイオレンス系のメイドさんも存在する。

 

【The LIVE】club-qのメイドさんは男の顔面を蹴り飛ばし踏みつける。メイドさんの足責めリンチを受けるリア充男性

 

彼女たちはclub-qというレーベルに所属する武闘派メイド部隊・・・こう書くとまるで星の数ほどに存在するライトノベルや漫画の世界のようだ。
彼女たちのお・も・て・な・し(ちょっと古い気がするが)はリングがありさらに壁はm男たちの血がしみ込んで取れなくなった汚れが点々と付着している。
とてもオタク男性の癒し空間には見えない場所である。
男はそんな空間で正座を強いられる。

 

【The LIVE】club-qのメイドさんは男の顔面を蹴り飛ばし踏みつける。メイドさんの足責めリンチを受けるリア充男性

 

そして黒を基調としたキュートなメイド服を着た女の子がなんの前触れもなく、いきなり男の横っ面を蹴り飛ばした。
club-qのあいさつは顔面をいきなり蹴りつけるところから始まる。
m男に言葉など必要ない、肉体言語で分からせるのみ。
執拗なくらいに男は自慢のフェイスにキックを食らい続けるのだ。
彼は自分のルックスに自信があったみたいだ、撮影が終わった後に女性とデートの約束をしていた。
そんなリア充はこの世からすべて駆除する必要がある。

 

【The LIVE】club-qのメイドさんは男の顔面を蹴り飛ばし踏みつける。メイドさんの足責めリンチを受けるリア充男性

 

その思いを受け止めたメイドさんが糞リア充に足蹴の制裁を下してくれる。
彼女の足責めはキックだけの訳がない。
水色の制服を着た女の子が男の顔を両足で踏みつける。
男性の顔はメイドさんが光り輝く舞台となる。
所詮リア充な男の顔は女性の踏み台や足置き台にしか価値がないのだ。
横向けになった男の頬の上に降り立った女の子はまさに天使である。

 

【The LIVE】club-qのメイドさんは男の顔面を蹴り飛ばし踏みつける。メイドさんの足責めリンチを受けるリア充男性

 

 

仰向けで顔面だけ横向けという不自然な姿勢でメイドさんに踏まれる苦痛。
首の骨や頭蓋骨に尋常ならざる重圧がかかり、イケメンリア充は苦悶の表情。
しかしちょっと羨ましいなと思ってしまう。
メイドさんならばニャンニャンパンチがあるような気がする。
club-qのニャンコパンチは一味違う。

 

【The LIVE】club-qのメイドさんは男の顔面を蹴り飛ばし踏みつける。メイドさんの足責めリンチを受けるリア充男性

 

マウントポジションで女の子が無抵抗な男に拳を振り下ろすのだ。
このような生産なリンチを受け続けたイケメン男性。
彼のあだ名はモアイというスッとしたハンサム君?だった。
撮影後にはニックネームは改められることになるだろう。
顔が真ん丸なアンパ●マンが彼に付けられた新しいあだ名。
最後に撮影現場に置かれたマッチョなトルソーは壁側に向けられていた。

 

 

【The LIVE】club-qのメイドさんは男の顔面を蹴り飛ばし踏みつける。メイドさんの足責めリンチを受けるリア充男性

 

 

タイトル The LIVE 29
メーカー CLUB-Q
公開日 2016年11月17日
品番/内容 TL-029 / 63分

 

【The LIVE】club-qのメイドさんは男の顔面を蹴り飛ばし踏みつける。メイドさんの足責めリンチを受けるリア充男性

 

 

【The LIVE】club-qのメイドさんは男の顔面を蹴り飛ばし踏みつける。メイドさんの足責めリンチを受けるリア充男性

 

 

【The LIVE】club-qのメイドさんは男の顔面を蹴り飛ばし踏みつける。メイドさんの足責めリンチを受けるリア充男性

ページの先頭へ戻る