【club-q足責め】美女から金蹴りを受けた後にブーツの靴底を舐めるm男。

 

【club-q足責め】美女から金蹴りを受けた後にブーツの靴底を舐めるm男。自分を蹴った女の靴を舐める屈辱と快感

 

黒ブーツを着用した美女に股間を蹴り飛ばされ、自分を蹴った女のブーツの底を舐めさせられる屈辱。
足責めフェチであれば、最高のご褒美である自分を甚振った相手の靴底を舐める行為。
しかしm男ではない男性にとっては、これ以上の屈辱は存在しないと思う。
かつてSpit-Me氏のネット小説「レイコとシンジ」でも定番の顔面キックや顔踏みの後にブーツを舐めさせる苛めのシーンが頻繁に登場した。
自分を苛め抜いた相手に土下座して頭を踏まれ、顔や頭を蹴られたり踏まれたお礼を言わされ、自分の顔を蹴ったことで汚れた靴底を舌で掃除させられる。
しかも靴底を舐めさせられた当の少年はm男ではなく、普通の中二病が入った少年であった。

 

【club-q足責め】美女から金蹴りを受けた後にブーツの靴底を舐めるm男。自分を蹴った女の靴を舐める屈辱と快感

 

彼が屈辱に涙を流す様子を椅子に座って寛ぎながら見下ろすJKの美少女。
そんな光景をイメージさせられたのが今回のclub-qの足責め作品「本気で“男”ボコします! 101」だった。
男を何時もの密室に監禁してパンツ一丁の情けない姿にさせる。
パン一で裸足の男とキチンと服を着てブーツまで履きこんだ美女。
この段階で男と女の立場の違いが誰の目にも明白である。
男の股間をブーツのつま先で小突く美女。
男にとって女性のブーツのつま先で股間を弄られることは気持ちが良いものである。
その証拠に男の股間ははち切れんばかりに勃起しているのがわかる。

 

【club-q足責め】美女から金蹴りを受けた後にブーツの靴底を舐めるm男。自分を蹴った女の靴を舐める屈辱と快感

 

そんな女の足で勃起した男を軽蔑を含んだ目線で見つめる美女。
しかし男にとっての至福の時間はあっという間に終わりを迎える。
club-qは男を喜ばせるために非ず、男を本気でボコボコにシバキ泣かせることが至上命題。
男の腕をつかみミドルキックが男の腹に食い込んでいく。
ゴリラのように厳つい男の顔が女の蹴りの威力に顔を歪ませていく。
男を突き飛ばして、両足を持ち上げて男の股間をブーツで思い切り踏みつける。
そう電気アンマという奴である。

 

【club-q足責め】美女から金蹴りを受けた後にブーツの靴底を舐めるm男。自分を蹴った女の靴を舐める屈辱と快感

 

股間を引き千切りそうなパワーで男を踏んず蹴る女とあまりの痛みに悲鳴を上げる男。
だが女に情けも容赦もない男が泣けば泣くほどに彼女たちは興奮して足に力が入るのだ。
電気アンマを喰らっている男には別の女からの足蹴が待っていた。
もう一人の女が男の頬っぺたをブーツのつま先で軽く踏みつける。
さらに別の美女が男をマウントポイントで首を絞め上げる。
m男は電気アンマ、首絞め、ブーツで顔踏みと魅惑のハーレムである。
それが羨ましいかは各人の性癖に依る。

 

【club-q足責め】美女から金蹴りを受けた後にブーツの靴底を舐めるm男。自分を蹴った女の靴を舐める屈辱と快感

 

3人の美女による足責めハーレムが終わった後に男には仕事が残されている。
そう自分の顔を踏んだり電気アンマをして頂いたブーツをきれいに掃除し舐める靴底拝受の儀式が待っている。
美女が男の顔の真上にブーツを持ってきて、男は必死に靴底をベロで舐めていく。
自分を虐めた相手にお礼を言いながらブーツの底を舐めさせられるのはさぞかし悔しいだろう。
また別の女は男の口にブーツをねじ込んでいく。
喉の奥深くまでブーツが侵入して、舌と歯にはブーツの底と甲が当たる。

 

 

 

タイトル 本気で“男”ボコします! 101
メーカー CLUB-Q
公開日 2016年6月23日
品番/内容 BO-101 / 80分

 

 

【club-q足責め】美女から金蹴りを受けた後にブーツの靴底を舐めるm男。自分を蹴った女の靴を舐める屈辱と快感

 

【club-q足責め】美女から金蹴りを受けた後にブーツの靴底を舐めるm男。自分を蹴った女の靴を舐める屈辱と快感

 

ページの先頭へ戻る