美人女性格闘家に勝てば彼女を犯せる、負ければディルドでオカマを掘られる。

美人女性格闘家に勝てば彼女を犯せる、負ければディルドでオカマを掘られる。club-q画像

 

仮面をつけた美人格闘家とのガチバトル、制限時間は1時間でその間に10回ギブアップすれば男はディルドでオカマを掘られてしまう。
さらにディルドを口に含まされる屈辱のフェラも待っている。
しかし降参が10回以下であれば、男の勝ちでその場合の褒章は彼女を好きなように犯す権利が与えられる。
スタイルが良く、脚線美が魅力の女性を玩具に出来ると考えた男は、プロ格闘家“ミスX”に決闘を申し込む。
ファイティングポーズを取る美女とただ立ち尽くすだけの男。
男は幾ら格闘技のプロと言っても所詮は女、腕力でねじ伏せるなんて楽勝と甘く考えていたのか?
男の弛んだお腹に贅肉だらけの腕では到底勝ち目は無さそうなのに。
いきなり女性はショートレンジからのジャブを男の目に打ち込む。
その鋭さはレーザー光線の様であった。
いきなり目を叩かれた男は思わず目を抑えてしまう。
その隙を格闘技のプロである女性が見逃す筈がない、すかさずにローキックを足に入れて行く。
足を蹴られた男はバランスを崩して、倒れ込んでしまう。
そのまま美女は寝技で男を徹底的に叩きのめす。
一見スタイルの良い女性から寝技で密着できるから羨ましいと思うかもしれないが、実際は無理な姿勢を取らされて、体中が悲鳴を上げてしまう。
さらに女性が男に跨ってマウントポジションを取り、挑戦者の首を締めてギブアップする様に促していく。
男は首を決められてしまい、完全に抵抗することが出来ない事を悟り、ギブアップすることになった。
こうして男は敗北者となり、女性格闘家は勝者となった。
ここからが男にとって地獄の時間が始まる。
女はディルドを装着する、極太の棒が付いたディルドは見るからに凶悪なフォルムをしている。
まずは抵抗する男の髪の毛を掴みあげて、ディルドでのイマラチオを強要する。
太い棒が男の口内に出し入れされて、彼は苦しそうだ、女は逆に楽しそうだ。
そして場所を変えてバックで男を犯す女性格闘家。
恐らくディルドで犯されるのは初めてだったのかもしれない、しかし女性に犯されるならまだ良いと思う。
男にオカマを掘られるよりは、救いがあるような気がする。

 

 

タイトル 本気で“男”ボコします!27
メーカー CLUB-Q
公開日 2015年1月25日
品番/内容 BO-027 / 47分

 

美人女性格闘家に勝てば彼女を犯せる、負ければディルドでオカマを掘られる。女性格闘家の体目当てに闘いを挑んだアホな男

 

美人女性格闘家に勝てば彼女を犯せる、負ければディルドでオカマを掘られる。club-q画像

 

美人女性格闘家に勝てば彼女を犯せる、負ければディルドでオカマを掘られる。女性格闘家の体目当てに闘いを挑んだアホな男

 

美人女性格闘家に勝てば彼女を犯せる、負ければディルドでオカマを掘られる。女性格闘家の体目当てに闘いを挑んだアホな男

 

美人女性格闘家に勝てば彼女を犯せる、負ければディルドでオカマを掘られる。club-q画像

 

美人女性格闘家に勝てば彼女を犯せる、負ければディルドでオカマを掘られる。女性格闘家の体目当てに闘いを挑んだアホな男

 

 

美人女性格闘家に勝てば彼女を犯せる、負ければディルドでオカマを掘られる。女性格闘家の体目当てに闘いを挑んだアホな男

 

 

ページの先頭へ戻る