【club-q足責め】jkの足置き台にされて肋骨を折った九州男児。

【club-q足責め】jkの足置き台にされて肋骨を折った九州男児。jkの足置き台になったローファーで踏みつけられたい。

 

女子校生の足置き台になる宿命の星をもった者は幸せなm男であると言える。
それが原因で肋骨を砕かれることになってもだ。
今回の動画に出演する男ははるばる九州からやって来た。
女子学生のローファーで蹴られて踏まれるためだけに安くない新幹線の交通費を支払ってである。
そうまでしてm男は女子学生のローファーで踏まれたかっただろう。

 

【club-q足責め】jkの足置き台にされて肋骨を折った九州男児。jkの足置き台になったローファーで踏みつけられたい。

 

気持ちは良く分かる私もjkに踏んでもらえるのならば飛行機でも新幹線でもどれだけ交通費が掛かっても十分にぺいすると思う。
さらに男は高額の交通費だけではない、jkの足責めを3分間受けただけで肋骨を踏み砕かれてしまった。
その治療費も男が彼女たちに蹴られるために支払ったコストである。

 

【club-q足責め】jkの足置き台にされて肋骨を折った九州男児。jkの足置き台になったローファーで踏みつけられたい。

 

流石だ、一度決断したことは絶対にやり抜く根性を持っている。
女は黙って男について来いと豪語するm男はjkの靴底の下で何を考えたのだろうか?
女の踏板にされて屈辱感で一杯だったのだろうか?

 

【club-q足責め】jkの足置き台にされて肋骨を折った九州男児。jkの足置き台になったローファーで踏みつけられたい。

 

それとも自分の上に女生徒が君臨して支配される幸せを噛みしめていたのだろうか?
それは彼にしかわからない事である。
男は黙って足置き台になる物であるが、硬いローファーの靴底と男よりも軽いとはいえ軽く40キロを超えるjkの体重が男の胴体に圧し掛かる。
だけどもどれだけ寡黙で力強い男も度重なるjkの踏みつけに耐えることが出来なかったみたいだ。
結局は男は意識を失ってしまった、彼の目には自分の腹の上に立って男を冷たい目で軽蔑するような視線で見下ろすjkの顔と足だった。
女子校生に踏まれて失神出来るのはm男としてはとても素晴らしい体験である。
はたして男は無事にjkの靴底から解放されることが出来るのか?
それとも一生涯を女性の靴底の下で生きる事を誓う奴隷に変えられてしまうのか?

 

【club-q足責め】jkの足置き台にされて肋骨を折った九州男児。jkの足置き台になったローファーで踏みつけられたい。

 

タイトル The LIVE 17
メーカー CLUB-Q
公開日 2015年12月9日
品番/内容 TL-017 / 65分

 

 

【club-q足責め】jkの足置き台にされて肋骨を折った九州男児。jkの足置き台になったローファーで踏みつけられたい。

 

【club-q足責め】jkの足置き台にされて肋骨を折った九州男児。jkの足置き台になったローファーで踏みつけられたい。

 

【club-q足責め】jkの足置き台にされて肋骨を折った九州男児。jkの足置き台になったローファーで踏みつけられたい。

ページの先頭へ戻る