【世界最強の失神】美人バレリーナが男の首をアクロバティックに絞める

【ScissorGoddess】美人バレリーナが男の首をアクロバティックに絞めるバレリーナの美女が男の上で逆立ちして首を絞めて窒息させる。

 

s女の暴力や首絞めの世界はイマジネーションに富んでいる。
私が想像もしないような方法で男の首を絞めて失神させるバレリーナの美女。
多くの人を魅了するためにバレエの練習をしていた成果を男を甚振るために使う極悪ぶり。
本来的には暴力とは全く関係のない演技をどの様に使えば暴力になるのであろうか。
答えは簡単である、男を床にしてバレエの演技をすることである。
動きの激しい演技を男を土台に使うことで踊れば、女性の体重がもろに掛かりしかも激しい動きゆえに、痛みは想像を絶する。
かつてspit-meの小説で少年の両手両足を縛り宙に浮かして、エビの様に沿った背中や腹の上に両足で乗った美少女女子高生がいた。
女子高生曰く「憧れの女子の踏み板になれてうれしいでしょ、幸せをかみしめることが出来すようにもっと踏んであげる」。
この動画に登場する美人バレリーナも同じようなことを考えているのかもしれない。
本来であれば、自分の足許に近づく事すら許されないようなバレリーナの美女が演技するための舞台になって、支えることが出来る幸せなm男。
そんな幸せをもっとかみしめることが出来るように、男の首を利用して逆立ちをする。
女性の体重で首の骨が折れるかも知れない恐怖と窒息の苦しみを味わい、美女を支えて失神する喜びを永遠に焼き付けて上げる優しい女性。
また太ももと股間の力で首を挟まれてScissorGoddessさせる。
何度もあの世とこの世を行ったり来たりさせられる男の顔には絶望と苦しみが色濃く表れる。
しかしいつの日か彼は彼女たちに感謝するであろう。
自分みたいな人間がバレリーナの演技するための舞台の床になれたことを。
全てのバレリーナの美女は男の上に踏み乗って、男は床になって彼女たちを支え続けるのだ。

 

 

タイトル 世界最強の失神 ScissorGoddess19
メーカー CLUB-Q
公開日 2015年8月19日
品番/内容 DD-019 / 77分

 

【ScissorGoddess】美人バレリーナが男の首をアクロバティックに絞めるバレリーナの美女が男の上で逆立ちして首を絞めて窒息させる。

 

【ScissorGoddess】美人バレリーナが男の首をアクロバティックに絞めるバレリーナの美女が男の上で逆立ちして首を絞めて窒息させる。

 

【ScissorGoddess】美人バレリーナが男の首をアクロバティックに絞めるバレリーナの美女が男の上で逆立ちして首を絞めて窒息させる。

 

【ScissorGoddess】美人バレリーナが男の首をアクロバティックに絞めるバレリーナの美女が男の上で逆立ちして首を絞めて窒息させる。

 

【ScissorGoddess】美人バレリーナが男の首をアクロバティックに絞めるバレリーナの美女が男の上で逆立ちして首を絞めて窒息させる。

 

【ScissorGoddess】美人バレリーナが男の首をアクロバティックに絞めるバレリーナの美女が男の上で逆立ちして首を絞めて窒息させる。

 

【ScissorGoddess】美人バレリーナが男の首をアクロバティックに絞めるバレリーナの美女が男の上で逆立ちして首を絞めて窒息させる。

ページの先頭へ戻る