街を歩いている男を拉致して、ボクシングのサンドバックにする暴虐女子

街を歩いている男を拉致して、ボクシングのサンドバックにする暴虐女子CLUB-Q、デニムの女性が男をボクシングの練習台にするために拉致する

 

閑静な住宅街を歩く一人の青年にいきなり近づき、彼の腹部を殴りつけて、動けなくなったところを担ぎ上げてマンションに連れ込む二人の女性。
青年は服を脱がされパン一にされて、女の子のボクシングの練習用のサンドバックとして活用される事になる。
普通のサンドバックでは人を殴る練習にならないからそこら辺を歩いている男性を連れ去ったのでしょう。

 

街を歩いている男を拉致して、ボクシングのサンドバックにする暴虐女子サーファー女子の座布団になりたい。

 

街を歩いている男を拉致して、ボクシングのサンドバックにする暴虐女子CLUB-Q、デニムの女性が男をボクシングの練習台にするために拉致する

 

 

赤いグローブを両手に装着した手で、何度も青年にボディーブローを喰らわせる女性。
男のお腹は猿のお尻の様に真っ赤になっています、また明日のジ●ーちうかつて社会現象にまでなったボクシングマンガには、お腹ばかりを打たれてノックアウトした場合、倒れた相手には想像を超えるほどの苦しみが待っていると。
彼女たちはそれを狙っていたのであれば、相当にエグイ所業であると言えます。
青年の受難はまだまだ終わりません、次はプロレス技の練習台にされていきます。
具体的にはエビぞりを男性の体で実地的に練習します。

 

街を歩いている男を拉致して、ボクシングのサンドバックにする暴虐女子CLUB-Q、デニムの女性が男をボクシングの練習台にするために拉致する

 

街を歩いている男を拉致して、ボクシングのサンドバックにする暴虐女子CLUB-Q、デニムの女性が男をボクシングの練習台にするために拉致する

 

 

背中に座られて両足を無理に持ち上げられる様子は痛そうの一言。
体の固そうな青年にはダメージが大きすぎる気がします。
もしかしたら彼の体は病院でも完治できないほどにボロボロになっている可能性が高いですね。
男性は泡を吹いてしまっております。

 

 

タイトル 本気で“男”ボコします!24
メーカー CLUB-Q
公開日 2015年1月15日
品番/内容 BO-024 / 53分

 

街を歩いている男を拉致して、ボクシングのサンドバックにする暴虐女子CLUB-Q、デニムの女性が男をボクシングの練習台にするために拉致する

 

街を歩いている男を拉致して、ボクシングのサンドバックにする暴虐女子CLUB-Q、デニムの女性が男をボクシングの練習台にするために拉致する

 

 

この様にデニムを履いた女性からボクシングやプロレスの練習台にされてみたい方は全国でも少なくないと思います。

 

ページの先頭へ戻る